スポンサードリンク

自己PRの悪い例

自己PRの悪い例

自己PRの悪い例としてよく採用担当者の不興を買うのが、言葉遣いの悪さです。これは主として大学生の就職活動において言われることです。自己PR文はビジネス文書に準じた書類であることを自覚し、社会人として、またはビジネス文書として、ふさわしくない言葉遣いをしないように気をつけましょう。

よく勘違いされるのは、業種や職種により仕事上の言葉遣いの慣習が異なる点です。いわゆる業界用語などはその良い例です。しかし、それは同業者間のコミュニケーションでのみ通じる表現ですから、中途採用の場合は良いとしても、新卒採用では気安く使うべきではありません。どのような業種・職種であろうと、異業種の人たちとも円滑なコミュニケーションが図れなければなりません。自己PR文を書くときも、異業種間で交わすビジネス文書と同様の言葉遣いを心掛けましょう。

スポンサードリンク


自己PR文によくある悪い例として、社会人またはビジネス文書にふさわしくない言葉遣いの例を以下に紹介します。

①「なので」「ゆえに」………最近の若い人たちの文章で大変よく目立ちます。前文を受けて、それに続く文の冒頭に入る接続詞です。特に、「なので」は若い世代に特有のしゃべり言葉ですから、自己PR文では「そこで」とか「したがって」とすべきです。「ゆえに」は、古来よりの「故に」をかな表記にしたものですが、古風なこの言葉は、相当に硬い文章や漢語を多用する文章でなけれは似合いません。

②「超〜」「〜的」………「超かわいい」などと自己PRに書く人はいないでしょうが、「超難問」、「超重要」などと書いてしまうことはあり得ます。いかにも大げさな表現という印象を与えますので、「とても」、「大変」、「極めて」などと書くべきです。「〜的」の前に人称代名詞や人の名前を入れて「わたし的には」、「アインシュタイン的には」という言い方をする人がいますが、くだけた言い方ですから自己PR文ではやめた方がいいでしょう。また、「社会習慣的に」などという使い方もありますが、こういう場合は「社会習慣上」と書くべきです。

③「就活」などの新しい略語………「部活」という言葉は、本来はクラブ活動でしたが、それが部活動となり、さらに略して「部活」と呼ばれるようになりました。現在では学校や教育委員会の正式な文書にも使われています。十分に社会的な認知を得た用語です。しかし、「就活」は学生言葉や流行語の域を出ていません。このような新しい略語は、自己PR文で安易に使うべきではありません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

自己PRとは? 基本をおさえよう
自己PRとは? 基本をおさえよう 自己PRの目的は、履歴書や職務経歴書の記述から......
自己PRのコツとポイント
自己PRの書き方のコツとポイント 自己PR文を書くときは、まず、書くべき内容を良......
自己PRの悪い例|自己PRの例文と書き方
自己PRの書き方と例文 悪い例 自己PR文で書いてはならない悪い例をご紹介します......
面接での自己PR例文と注意点
自己PRの例文 面接での自己PRの注意点 面接での自己PRはスピーチです。しかも......
自己PRと志望動機の違い・書き分け
自己PRと志望動機の違い・書き分け 自己PRは、志望企業・団体とその業務への適性......
自己PRが思いつかない、書けないときの考え方
自己PRが思いつかない、書けないときの考え方 自己PRが思いつかない、書けないと......

▲このページのトップへ

HOME

 例文を検索!(例)事務職 自己PR
Loading